2015年06月29日

ふしぎなたまご

ふしぎなたまご

ディック ブルーナ 作
いしい ももこ 訳

「みどりののはらにゆきのようなまっしろいたまごがおちて」いました。
めんどり、おんどり、ねこ、いぬがそれぞれ自分のたまごだと主張する中、
たまごが割れてあひるがうまれます。
みんなでえさとなるやわらかいパンを探して与えあひるを育てます。
ブルーナのこどもがはじめてであう絵本、全16冊の第2集に入っている絵本です。
私が小さいときとてもよく読んでいました。
たんたんとしている内容ですが、是非こどもに読み聞かせたいシリーズです。

ふしぎなたまご
みんなであひるのためにパンを集めています。



PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(0) | 日記

2015年06月28日

でんきのでばん

でんきのでばん

小野寺 悦子 文
小林 孝亘 絵
ちいさなかがくのとも2010年10月
福音館書店

太陽が沈みます。
「バトンタッチだよ でんきのでばんだよ」
街頭、自転車、自動車、店、家の電気がどんどんつきはじめます。
お父さんも帰ってきます。

たんたんとした内容の絵本ですが、これを読んで、夕方こどもと外を歩くとき、
「でんきのでばんだねぇ」と言い合うのがとても楽しいと思います。
いろいろな現象を丁寧にとりあげている「ちいさなかがくのともシリーズ」は大好きです。

でんきのでばん





PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(0) | 日記

2015年06月27日

牛若丸

2015-06-23 22.41.17.jpg

サラ文庫

こどもの頃から「牛若丸」といえばこのサラ文庫の「牛若丸」で、
ほかの出版社の牛若丸は見たことがありません。
源氏も平氏も知らず、なぜ牛若丸が逃げなくてはならないのか全く分かりませんでしたが、
カラス天狗に鍛えてもらって剣のけいこをし、
どんどん剣がうまくなるところはとてもおもしろくて好きでした。
歴史を習ったときにこの絵本を読んでいたことが有機的に結びつけばよかったのですが、
当時は牛若丸が、源義経だったとは全く思いつかず、気がついたのはもっと後になってからでした。
私のこどもには有機的な結び付けの手伝いをしたいと思っています。
一番最後のページに牛若丸の歌が書いてあります。

2015-06-23 22.41.51.jpg
タグ:サラ文庫

PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(329) | 日記

2015年06月26日

うみべのハリー

うみべのハリー

ジーン ジオン 文
マーガレット ブロイ グレアム 絵
わたなべ しげお 訳
福音館書店
読んであげるなら 4才から
じぶんで読むなら 小学校初級むき

「くろいぶちのあるしろいいぬ」のハリーは家族と海に遊びに来ます。
海辺で遊んでいるうちに迷子(犬?)になってしまったハリーですが、
あわててどたばたしているうちに海草をかぶってしまい、
「うみのおばけ」になり海辺で大騒動をおこします。

「うみべのハリー」と「どろんこハリー」はこどもの頃から持っていました。
持っていませんが、「ハリーシリーズ」に「ハリーのセーター」もあります。
世界傑作絵本シリーズ(アメリカ)です。
福音館書店の「世界傑作絵本シリーズ」の一冊ですが、
「しずくのぼうけん(ポーランド)」 「ゆかいなかえる(アメリカ)」 「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」
「おりこうなアニカ」
「ゆうびんやのくまさん」 「みかづきいちざのものがたり(アメリカ)」 
「ラチとらいおん」
「ブレーメンのおんがくたい」 「あめのひ」を持っていてかつ今までにリスト化しています。


うみべのハリー
ビーチパラソルが似すぎていて、どれが家のビーチパラソルか分からなくなってしまいます。

うみべのハリー


タグ:

PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(333) | 日記

2015年06月25日

おしゃべりなたまごやき

おしゃべりなたまごやき

寺村 輝夫 文
長 新太 絵

こどもの頃から寺村 輝夫さんの「おうさまシリーズ」は大好きでした。私のこどもも好きなので二世代でファンになります。

王様はたまごが大好きで、お城の庭にも、にわとりをたくさん飼っています。
ある日、散歩をしていた王様は、にわとり小屋のドアに鍵がつけっぱなしなのに気づきにわとりを逃がしてしまいます。
一連のさわぎでショックを受けてしまったにわとり達は一時的にたまごが産めなくなります。
そんな中一匹のにわとりだけが王様の秘密(鍵をあけた犯人であること)を聞いた上でたまごを産むのですが・・・。という話です。
王様が夜ご飯に目玉焼きの黄身をプツっとやぶると、秘密を聞いていためんどりがたまごに閉じ込めていた「王様の声」が聞こえてくるシーンは秀逸です。

最近絵本屋さんの店主さんに教えていただいたのですが、このコンビ(寺村輝夫・長新太)での「おしゃべりなたまごやき」は二つあります。旧版は1959年に「こどものとも」からでていますが(35号です)残念ながら持っていません。こちらがとてもシンプルで素敵なのでいつか手に入れたいと思っています。

おしゃべりなたまごやき


PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(321) | 日記