2015年10月12日

竹とぼくとおじいちゃん

竹とぼくとおじいちゃん

星川 ひろ子
星川 治雄 作
ポプラ社
ふしぎいっぱい写真絵本13

写真絵本です。
春に、こどもが竹林の事を知らなかったのに気づき、一緒に竹の絵本を読みたくて手に入れました。

小学校1年生のつばさとおじいちゃんが竹を通して交流します。
竹の子弁当をきっかけに、裏山の竹林に行って竹の子を見に行きます。
秋には竹とんぼを作ってもらい、空めがけて飛ばします。

竹の子の皮でおにぎりを包むくだりがあるのですが、
この絵本を読んだ翌日に偶然ちまきを食べたら、
こどもが早速「これ竹の子の皮じゃない?」と気づいたので、ちょっと嬉しかったです。
その後の週末に実際に竹林に行き、竹の子を見ることができたので、
また読み返したりするなど、この絵本をとても楽しむことができました。

竹とぼくとおじいちゃん

竹とぼくとおじいちゃん
このページだけ縦に上に広げることができて、竹の長さを感じることができます。

「ふしぎいっぱい写真絵本シリーズ」は「むしをたべるくさ」も持っています。



PR

posted by こまさん at 02:16 | Comment(0) | 日記