2015年06月08日

うさこちゃんとうみ

うさこちゃんとうみ

ディック ブルーナ 作
いしい ももこ 訳
福音館書店

うさこちゃんは手押し車に乗って海に向かいます。
うさこちゃんは、しゃべるやばけつで砂山を作ったり、貝を集めたり、海水浴をして楽しく過ごします。

うさこちゃんシリーズはこどもの頃から好きでした。
中でも最初から持っていた「ちいさなうさこちゃん(春)」「うさこちゃんとうみ(夏)」
「うさこちゃんとどうぶつえん(秋)」「ゆきのひのうさこちゃん(冬)」
(子どもがはじめてであう絵本シリーズ)には思い入れがあります。
「うさこちゃんとうみ」は夏の巻となっています。

ブルーナの絵本は結構持っていますが、ほぼ初期のものになります。
最近でも出されているようで、特に「うさこちゃんときゃらめる
(うさこちゃんがお店のキャラメルをだまってとってしまい、とても後悔する絵本です)」はまだ持っていませんが、手に入れたいと思っています。

海がでてくる絵本は「ノンタンおよぐのだいすき」も持っています。

うさこちゃんとうみ

ブルーナは使う色が決まっているせいか、私はこのページの丸いものは月に見えています。
小さい頃から不思議でした。

うさこちゃんとうみ

なぜかこの貝殻のページが好きでした。


タグ: ブルーナ

PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(314) | 日記