2015年05月21日

たからげた

たからげた

仲倉 眉子 再話
梶山 俊夫 絵
こどものとも年少版

貧しい親子に一人のおじいさんがげたをくれます。
そのげたは履いて転ぶと転ぶたびに小判がでるが、背が低くなってしまうげたでした。
息子は一回転びその小判で生活を立て直します。
そのげたをしった意地の悪いおじはげたをとりあげていってしまいますが・・・
という話です。
よくあるいじわるじいさんがひどい目に合う話です。
年少版の割には文字が多い(通常の絵本としては少なめ)気がします。
絵の梶山俊夫さんの描いた絵本は「さんまいのおふだ」を持っています。

たからげた

やさしいおじいさん(おばあさん)いじわるよくばりおじいさん(おばあさん)系
「こぶとりじいさん」「はなさかじいさん」「したきりすずめ」「こしおれすずめ」「たからげた」


タグ:再話

PR

posted by こまさん at 23:00 | Comment(0) | 日記

2015年05月20日

みどりいろのたね

みどりいろのたね

たかどの ほうこ 作
太田 大八 絵
福音館書店

「まあちゃんのながいかみ」のたかどのほうこさんの絵本です。
絵本で95ページとかなりのボリュームですが、
見開き1ページにあまり文章がないので、読み聞かせは苦にはなりません。
この絵本は東京の三鷹台にあった絵本専門のお店「ビーラビッツ」の店主さんに
勧めていただいた思い出の絵本です。
残念ながら「ビーラビッツ」は2013年に閉店してしまいました(休業)。

まあちゃんのクラスでは、畑に緑色の種をまくことになりました。
緑色の種と一緒にメロンあめを埋めてしまったまあちゃんですが・・・。
とてもおもしろい絵本です。たかどのほうこさんの発想はすごいものがあります。

みどりいろのたね



PR

posted by こまさん at 23:22 | Comment(0) | 日記

2015年05月19日

いちごばたけのちいさなおばあさん

いちごばたけのちいさなおばあさん

わたりむつこ 作
中谷 千代子 絵

こどもの頃から大好きな絵本です。
思いがけない春の到来に、
必死でいちごに「いちごのいろをつくるみず」で色をぬるおばあさんがとても印象的です。
頑張って色をつけたいちごが雪に埋もれて泣きだしてしまうおばあさんですが、
最後は森の仲間が雪の下のいちごに大勢集まってきます。
表紙は丁寧にいちごに塗っているおばあさんです。

わたりむつこさんの絵本は「ぶーぶーぶぶちゃん」「てんさらばさらてんさらばさら」
中谷 千代子さんの絵の絵本は「かばくん」「かばくんのふね」「ジオジオのかんむり」を持っています。

いちごばたけのちいさなおばあさん


タグ:いちご 小人

PR

posted by こまさん at 01:41 | Comment(0) | 日記

2015年05月18日

100冊までのベストテン

いつも当ブログをわざわざみにきていただいて本当にありがとうございます。
ここまでの100冊の中での特に好きな10冊です(順不同)。

「めっきらもっきらどおんどん」(それぞれ記事のリンクになります)
「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」
「むるとめるのぼうけん」
「バーバパパジュースづくり」
「ロバのシルベスターとまほうのこいし」
「エリセラさんご」
「みかづきいちざのものがたり」
「うずらちゃんのかくれんぼ」
「鉄のキリンの海わたり」
「ねないこだれだ」

うち6冊がこどものころから好きだった絵本です。

絵本は際限なくほしくなるので困ります。
もちろん図書館も多用してはいるのですが、ある程度数があると、
雨が降ったら雨がでてくる絵本、たんぽぽをみたらたんぽぽの絵本、いちごを食べたらいちごがでてくる絵本等
就寝前に柔軟に選べる事が楽しくて集めてしまいます。
ある時点でスペース節約のためにソフトカバーがある絵本はなるべくソフトカバーで手に入れるように変えました(本当はハードカバーで揃えたいのですが)。
私がこどもの頃に買ってもらった絵本が今うちの本棚に並んでいるように、こどもにも好きな絵本を譲りたいと思います。


PR

posted by こまさん at 00:00 | Comment(0) | 日記

2015年05月17日

ねないこだれだ(サインつき)

ねないこだれだ

せなけいこ 作
福音館書店

ねないこだれだ

せなけいこさんのおばけのサインがかわいいです。
こどもの頃から好きだったのでサインを戴いたときはすごく嬉しかったです。

せなけいこさんの本は結構持っています。「ねないこだれだ」もそうなのですが、
例えば「ふうせんねこ」「きれいなはこ」「いやだいやだ」等
こどもの絵本にしてはドライなおわりかたのものが多く、
こどもにこびていない感も好きです。

「ねないこだれだ」は、本当に寝ないこどもには鉄板な絵本です。
こどもにこの絵本をよく読み聞かせしていた頃は、
最初の「とけいがなります ボンボンボン・・・・・・」の時点でふとんにもぐっていました。

ねないこだれだ

ねないこだれだ

この絵本で100冊になります。わざわざ読んでいただいてありがとうございます。
また200冊までこつこつアップさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

PR

posted by こまさん at 00:33 | Comment(0) | 日記