2015年03月24日

たんぽぽ

たんぽぽ

平山和子 作
北村四郎 監修

「くだもの」や「やさい」の平山和子さんの絵本です。
こどもの頃これをみて白いたんぽぽがあることを知りましたが、まだ実際に見たことはありません。
綿毛のシーンが好きでした。
丁寧に書いてあり、この絵本を持ってこどもと外出したところ、
一日目のたんぽぽと二日目以降のたんぽぽの違いが良く分かり、見分けられるようになりました。
似たタイプの絵本で、やはりかがくのともの「ゆうがたさくはな おしろいばな」という絵本も持っています。

たんぽぽ




PR

posted by こまさん at 02:05 | Comment(0) | 日記

もりのおふろ

もりのおふろ

西村 敏雄 作
こどものとも年少版
24ページ

森のおくにお風呂が沸いていて動物がみんなで仲良く入ります。
ライオン、ぞう、ワニ、ぶた、うさぎや羊などいつも食う食われるの関係の動物達が、
仲良く背中のながしっこをします。みんないいかおです。
こどもがおふろ好きになりそうです。

もりのおふろ

ライオンの顔が印象的です。



タグ:おふろ ぶた

PR

posted by こまさん at 01:58 | Comment(0) | 日記

玉屋の椿

玉屋の椿

サラ文庫

せっかく貯めた金銀をツバキの根元にうめた徳兵衛さん。ツバキが金と銀を吸い取ってしまいます。
サラ文庫の昔話はたくさんあるせいか、他の絵本で見たことがない話が多い気がします。

玉屋の椿


PR

posted by こまさん at 01:50 | Comment(0) | 日記